【自宅をパワースポットにする方法】波動の高い部屋でおうち時間充実

コロナ禍で在宅ワークも増え、自宅で多くの時間を過ごす方も増えているのではないでしょうか。

外出できない日々の中で、パワースポットにも行けず、モヤモヤとした日々を過ごしがち…

そこで今回は「自宅をパワースポットにする方法」をご紹介します。

毎日過ごす部屋がパワースポットになってしまえば、家の中でもパワフルに日々を楽しむことができます。

部屋をパワースポットにするメリット

私も最近は、ほとんどの時間を家で過ごすことが増え、ストレスでかなりやられていました。

そこで、自分の部屋をパワースポットにすることにしたのです。

結果的にはストレスも軽減し、家にいる時間が癒しに満ちたものになりました。

自宅をパワースポットにするメリットは、沢山あります。

疲れづらくなる

パワースポットに行きたいと思う時は、だいたい疲れています。

部屋をパワースポットにしたいと思ったのも、疲れているからだと思います。

何よりも大切なのは、あなたが安らぐ空間です。

部屋がパワースポットになれば、ただ過ごすだけで癒され、疲れづらくなります。

そうすると活動量も増え、どんどんアクティブに動けるようになっていきます。

もちろん、運気もアップします。

高い波動に身を置くと、自然と悪い人間関係や、悪い出来事から遠ざかっていきます。

思考がクリアになる

人間の脳は視界から多くの情報を取り込み、思考します。

つまり、無意識に目に入ってくる情報を処理しているのです。

部屋を片付けることで、目から入る情報が減るため、思考がクリアになります。

そうすると集中力も高まり、日常の生産性も上がります。

お金が貯まりやすくなる

部屋を綺麗にする過程で、断捨離をする必要性も出てくると思います。

断捨離をして物を減らすと、余分な物を買わなくなるため、お金が貯まります。

自分にとって本当に必要な物がなんなのか、わかるようになります。

無駄な人間関係がなくなる

物を捨てることができない理由は、決断ができないからです。

「捨てるのは忍びない」

「もしかしたら使うかもしれない」

そう思って捨てる決断ができないために、物が増えてしまいます。

自分にとって本当に必要な物がわかるようになると、自然と人間関係にも反映されます

惰性で付き合っていた人との関係を断つようになり、本当に大切な人だけに囲まれた生活を送ることができます。

やりたいことが見えてくる

部屋を片付けると、自分が本当にやりたいことが見えてくると言われています。

例えば、読みかけの本がたくさんあると、どれを読んだらいいのかも分からなくなります。

「今の自分に必要なものが何なのか」

ということを考えながら不要なものを捨てていくことで、自分がやりたいことが見えてくるのです。

霊的な悪影響を受けなくなる

これは信じない人もいるかと思いますが、私は霊的な影響を受けることが多いので、とても気をつけています。

あらゆる「場」には「気」が流れています。

その気が、波動の高い気なのか、低い気なのかによって私たちは影響を受けます。

 

例えば、神社のような波動の高い場所に行けば良い気分になりますし、

曰く付きのホテルなどに泊まると、吐き気・頭痛・金縛りに見舞われます。

 

毎日過ごす部屋の波動が低い場合、

  • だるい
  • やる気が出ない
  • 不運に見舞われる
  • マイナス思考になる

などの悪影響を、知らず知らずのうちに受けることになります。

なので、毎日過ごす場所をパワースポットにすることは、人生を良くするための基本のようなものです。

部屋をパワースポットにする方法

それでは、具体的に部屋をパワースポットにする方法をご紹介します。

できることから少しずつで大丈夫ですが、順番が大切です。

まずは不要なもの・波動の低いものを無くします

そして、そこに浄化作用や癒し効果のあるものを足していくイメージです。

掃除と片付け

一番大切なのは、掃除と片付けです。

物が多いと、気の流れが悪くなります。

気の流れが良いとは、

  • 綺麗
  • 風が通る
  • ジメジメしていない
  • 物が動く(頻繁に使われる)

状態です。

なので、使わない物は置いておかない方がいいです。

放置されていると、物が動かないので、停滞し、淀んでいきます。

自分が好きなものだけを、大切に手入れをしながら使うのが理想的です。

また、物があるとそこで空気の流れが遮断されるため、気が滞りやすくなり、掃除もしづらくなります。

なるべく物は床に置かない方が望ましいです。

こまめに換気をして空気を入れ替えましょう。

観葉植物を置く

物理的な掃除や浄化をしたあとは、目に見えない空気の浄化をします。

観葉植物を部屋に置くことで、今の部屋の状態がわかります。

観葉植物は邪気を吸ってくれるので、あまりにも波動が低い場所では枯れてしまいます。

植物を置いてみて、生き生きと育つようであれば、良い気の流れでしょう。

盛り塩をする

塩には浄化作用があるので、部屋に盛り塩をするのもおすすめです。

私は、常にお清めの塩を携帯しています。

気の悪い場所に泊まる時は、部屋の四隅に塩を盛ることで結界を作ることができます。

とにかく塩は万能なので、疲れたなと感じた時に、舐めたり、塩風呂に浸かるのも良いです。

お香を焚く

お香は、古くから場を清めたり、邪気を払うためにも使われてきました。

天然の素材で作られたお香の方が、浄化作用が強いと言われています。

自分が気に入ったり、癒されると感じたものを選んでみてください。

私は、気が悪いと感じた場所にお香を焚いたり、寝る前にお香を焚いて瞑想をしたりしています。

音楽をかける

音は振動なので、音楽をかけることでその振動が部屋に広がっていきます。

楽しい・明るい・癒される音楽を部屋にかけるだけで、空間全体の波動も変わります

私はよく、部屋を空ける時でも音楽をつけっぱなしにして、部屋に音楽を聴かせます。

感じの悪い場所や空間があったら、手をパンッと叩くだけでも邪気を払うことができます。

音も目に見えない波動なので、ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

掃除や断捨離をするのは時間がかかる場合もありますが、一度パワースポットにしてしまうと病みつきになります。

外から帰ってくると「家が一番落ち着くな〜」と、毎回思います。

心と体を癒してくれる部屋を手に入れると、そこがテリトリーとなって前に進む意欲が湧いてきます。

都会などの殺伐とした場所や人混みで疲れている人は、自宅をパワースポットにしてみてはいかがでしょうか。